女性が取得しやすい資格

FP・食品衛生責任者

・ファイナンシャルプランナー
ライフスタイルに応じて収入・支出や資産・負債・保険などのデータから現状を分析し、相談者のアドバイスや資産設計を行います。
国家検定のFP技能士(1~3級)・日本FP協会が認定する「CFP®資格」「AFP資格」があり、1級は難易度は高くなりますが、比較的取得しやすい資格です。
就職に関係がなくても、興味があって勉強しておけば自分自身で将来設計を考えるのにも役立ちそうですね。
・食品衛生責任者
食品を扱うお店・企業に最低1名は配置が必要とされています。
各都道府県管轄で、講習会の受講を受ければ合格率はほぼ100%と言われていますので、食品関係のお仕事を希望されているのなら、取得しておいてはいかがでしょうか。
将来飲食店を経営するなら必須ですね。

医療事務・介護事務

・医療事務
病院やクリニックの医療機関で診療点数を算定して医療費の計算や会計をするお仕事です。
知名度も高く、資格取得者も多い資格です。
民間資格で、様々な団体・協会が主催して年に4~6回試験を行っており、テキスト持ち込みや在宅で受験できるものもあります。
「診療報酬請求事務能力認定試験」は、合格率は約30%で難易度が高めですので就職に有利かもしれません。
・介護事務
高齢化の進む現在では、介護関連のお仕事の需要は増えています。
介護サービス施設・事業所に勤務して介護報酬請求業務(レセプト作成)や介護に関する手続きをするお仕事です。
介護事務の資格取得は取得のしやすさもあって最近人気なのです。
資格があれば仕事に困ることはないでしょう。